「EARTH on EDGE 北海道」では、受講生に対して、アントレプレナーシップやイントレプレナーシップを身に付けるための、基本的な知識から実践的な応用に至るプログラムを提供していきます。特徴としては、下記の通りです。

1.学部生向けキャリア教育の拡充

起業家とはどのような職か?どのような人が起業家に向いているのか?起業家になったら、どのような人生となるのか?起業家が社会の中で果たす役割は?職業観を構築し、人生設計を行う上で、必要となる知識を育てるキャリア教育の中に起業家、アントレプレナーシップを位置づけます。

2.北欧型課題解決手法の習得

非英語圏、内需不足、北極圏に近い厳寒の冬、そういった厳しいビジネス環境にあっても世界市場で活躍する北欧課題解決手法は、経営管理学(MBA)、ベンチャーキャピタル(VC)、株式公開(IPA)といった米国型のものと異なっており、北海道、東北に適合しています。

3.実践的なPBLプログラム

ビジネスを通じて現実の社会課題の解決を行う経験値を積むことが、アントレプレナーシップ習得の早道です。コンペティション、ピッチコンテストなどを通じて投資家からの資金獲得を目標として設定し、ビジネス創出、事業計画の立案、プレゼンテーション技術の習得を通して、起業家精神を確固たるものとします。

「EARTH on EDGE 北海道」では、企業や政府機関に並ぶ職業として「起業」を目指す受講生の育成を図ります。また、各プログラムを通じて、新たなキャリア形成の選択肢を提供します。

「EARTH on EDGE 北海道」に参加した学生の声はこちらから